日本の国別貿易収支表(2010年~2013年)~実は貿易黒字が減り、赤字が大幅に増加

先日財務省は日本の1月経常収支が1兆5千億円以上の赤字だったという発表をした。その原因は貿易収支の悪化によるものだが、実は日本の貿易黒字はほとんどの国に対して減っており、むしろ貿易赤字が大きく増えていることがわかってきた。

日本の経済状況は東日本大震災前と後では大きく変わるので、2010年から2013年度までの貿易収支を、日本の貿易相手国別にまとめてみた。

※財務省貿易統計より作成

国/貿易収支(百万円) 2013年 2012年 2011年 2010年
総額 -11,480,292 -6,941,060 -2,564,712 6,634,670
アジア 1,906,250 3,549,254 6,294,537 10,316,269
 中華人民共和国 -5,024,196 -3,529,643 -1,739,785 -327,395
 香港 3,495,115 3,154,765 3,296,782 3,571,412
 台湾 1,745,007 1,752,605 2,205,889 2,569,631
 大韓民国 2,021,059 1,677,566 2,099,092 2,956,214
 シンガポール 1,320,252 1,159,831 1,479,128 1,493,887
タイ 1,358,343 1,603,181 1,035,352 1,153,708
 マレーシア -1,414,045 -1,208,581 -929,524 -442,817
 インドネシア -1,155,032 -957,708 -1,303,634 -1,081,720
 フィリピン 42,928 200,296 182,019 274,003
 ベトナム -358,699 -346,107 -156,061 -152
 インド 148,759 286,880 338,791 292,851
(アジアNIEs) 8,581,433 7,744,765 9,080,892 10,591,143
(ASEAN) -659,779 22,264 -152,271 1,037,258
大洋州 -3,347,092 -3,064,272 -3,115,347 -2,531,128
 オーストラリア -3,320,973 -3,032,896 -3,095,537 -2,556,289
 ニュージーランド -49,430 -85,282 -94,309 -70,957
北米 5,791,444 4,904,286 3,756,891 4,314,319
 アメリカ合衆国 6,119,349 5,106,290 4,086,231 4,462,559
 カナダ -319,114 -193,564 -322,205 -141,430
中南米 233,424 614,376 755,384 1,389,144
 ブラジル -533,846 -478,969 -514,871 -316,545
 メキシコ 533,145 492,524 497,645 533,658
 チリ -616,473 -585,101 -595,314 -440,728
西欧 -1,125,613 -561,072 1,119,590 1,585,343
 ドイツ -474,176 -311,762 15,247 87,578
 英国 442,962 482,194 725,820 681,751
 フランス -524,351 -490,343 -305,944 -316,780
 オランダ 917,504 897,577 973,722 1,082,946
 イタリア -611,584 -472,378 -266,715 -105,304
 ベルギー 274,225 281,555 274,537 380,377
 スイス -388,426 -306,667 110,147 85,666
 スウェーデン -103,843 -60,738 -50,480 -20,471
 アイルランド -253,281 -282,870 -262,055 -298,318
 スペイン -163,426 -111,728 -19,953 50,005
中東欧・ロシア等 -1,000,617 -438,632 -185,135 -294,354
 ロシア -1,237,747 -655,078 -573,238 -709,285
(EU) -649,207 -141,224 1,208,243 1,794,791
中東 -13,188,861 -11,280,393 -10,876,835 -8,170,136
 アラブ首長国連邦 -3,317,898 -2,793,989 -2,820,834 -1,926,186
 サウジアラビア -4,194,740 -3,719,204 -3,508,540 -2,581,427
 クウェート -1,128,337 -1,067,916 -936,843 -776,503
 イラン -659,649 -583,426 -891,277 -797,948
アフリカ -749,014 -664,180 -313,284 25,516
 南アフリカ共和国 -320,517 -187,074 -330,886 -300,779
国/貿易収支(百万円) 2013年 2012年 2011年 2010年

円安で日本の貿易は潤うと当初考えられていたが、実際に貿易黒字が増えたのは米国くらいで、他の国に対しては震災前の2010年と比べても回復していない。

一方貿易赤字国は年ごとに増え、赤字額はどこもかしこも軒並み増えている。これは日本が輸入に頼っている国だということを示している。貿易収支の悪化は原発停止の影響で化石燃料に頼っているからというだけではなく、ドイツなどのEUや中国からの輸入モノが多いことも原因である。

アベノミクスで75円台から105円台まで円安になった結果、日本の輸入コストが増えて今回のような貿易赤字のような結果になっているのは明白だろう。その結果、経常収支まで赤字になってしまい、いよいよ日本は待ったなしという状況になっているのではないか?

ジャパンプレミアム

日本はエネルギーを外国から調達しないといけないが、実はここにも問題はある。例えば天然ガスは日本だけが他国よりも高く買わされている。しかも震災後に大きく日本の天然ガス価格だけが跳ね上がっている。これは原発停止の弱みに付け込まれてジャパンプレミアムとなっているのだろう。

天然ガス価格の推移 - 世界経済のネタ帳

こちらは原油価格であるが、この数年は1バレル100ドル以上を推移している。原油価格(平均)の推移 - 世界経済のネタ帳

日本はただでさえ高く設定されているエネルギーを、円安でさらに費用をかけて購入していて、まさにダブルパンチの影響を受けている。

以上のように、日本はもはや貿易において海外で儲けられる国ではないことを示している。輸入大国なのに円安にしてしまった結果、貿易赤字が増えてしまっているので、これ以上の金融緩和は難しいようにも思える。

エネルギーを他国並みの価格で買えるように外交努力をしたり、自前でエネルギーをつくるなどの新産業を興さないと、いつまでたっても赤字の額は減らないだろう。また、中韓の不買などが起きないようにしたり、官の無駄使いを減らすことも必要である。

PR


PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>