3/24~3/28の出来事・世界の首脳がオランダに集結

3月17日(月)から21日(金)までの市場で興味のあった出来事は以下の話題。

  • G7・EU首脳会議
  • ユーロ高牽制
  • オセアニア通貨好調

G7・EU首脳会議

オランダのハーグでウクライナ問題を協議するために、ロシアを除く日本、米国、欧州の首脳が集まってG7緊急会議が行われた。

このG7会議では特にロシアに対してさらに厳しい制裁を与えるなどの声明はなかった。ロシアの天然ガスに依存する欧州は思い切った行動に出られないことで、正直対応に困っている様子がうかがえる。米国が欧州などへのシェールガス輸出を整備して、天然ガスの脱ロシア化を図らせると言っても、これは今すぐに出来ることではないので、天然ガスを止められない程度の制裁しかできないのである。


G7 Leaders Meet To Discuss Ukraine During Nuclear Summit
G7首脳は核サミット期間中にウクライナ問題を議論
2014年3月24日


World Leaders Gather For Nuclear Security Summit 2014
核安全保障サミットのために世界の首脳が集結
2014年3月25日

この世界各国首脳が集まる会議を機会にして、日本と韓国の冷めた関係を改善すべく、オバマ大統領が仲人役となり日米韓首脳会議が行われた。会議では北朝鮮に対する政策が主で、日米韓が緊密に連携して取り組むことで一致した。
日米韓首脳会談(概要)

そしてその頃、北朝鮮はノドンミサイルを日本海に向けて発射。

ユーロ高牽制

欧州の要人たちがユーロは高すぎるとけん制しているので、ユーロドルがだらだら下がっている。4月3日(木)にECBの政策金利発表があるが、そこで利下げが行われるかどうかが焦点になっている。

ユーロ圏がデフレ傾向で、さらにユーロ高という状況は前時代の日本のようであるので、ユーロはいずれ利下げによる金融緩和を行うだろうと予測される。

そして、EUに近い英国はその逆に経済が上向いているので、先進国の中で一番早く利上げをするのではないかと予測されている。よって、ユーロを売ってポンドを買うのは理にかなっているのではないかと思う。

オセアニア通貨好調

オセアニア通貨は上昇中。特に先週、政策金利を上げたニュージランド通貨が上昇し続けている。 ドル円と日経平均は重い感じがぬぐいきれない。気になるのは中国の元安と上海市場の低迷で、これは何かの予兆であろうか?


PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>