ソフトバンク株、ヘッド&ショルダーでさらに下落の可能性

米国のナスダック市場でIT株とバイオ関連株が、割高のために売られ続けている。4月3日にはグーグルが投資家に対し議決権有のA株を、議決権無しのC株に割り当てていて、それも混乱の原因なのかもしれない。「配当は上げるので経営には口出ししないで」という意味のようだが。

そのことが日本でも波及しているのかはわからないが、最近の日本のIT企業ソフトバンク(9984)や楽天(4755)なども売りこまれている。

ソフトバンクは、7,500円を起点としたヘッド&ショルダーになりつつあるので、7,000円台を割って6,500円付近まで下がる可能性がある。

ソフトバンク(9984)チャート
ソフトバンク(9984)


PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>